TOPねじの観覧車ねじのSUNCO書ステンレス > Q ステンレス_09
ねじのSUNCO書
SUS316とSUS316Lはどう違うのでしょうか?
ステンレス
SUS316を加工しやすくしたステンレス鋼がSUS316Lです。 SUS316は、硬い金属(Cr、Ni)が多く含まれていて、かなり加工しにくいステンレス鋼です。 そこで、炭素の量を低くすることですこし柔らかくなり加工しやすくなります。

「L」はローカーボンを表します。

SUS316  = Cr18%+Ni12%+Mo2%+C(0.08%以下)
SUS316L = Cr18%+Ni12%+Mo2%+C(0.03%以下)

SUS316とSUS316Lの大きな違いはC(炭素)の含有量ですが
SUS316Lの「0.03%以下」というのは
SUS316 の「0.08%以下」に含まれます。

ネジやボルトなどで316の注文に対して、316Lを納品することは問題ありません。